サカナとワタシ、グアム。

この記事の所要時間: 112

もう5年も前のこと。グアムに行った。普段インドアで、日に焼けるのを何より嫌う私が、どういう風の吹き回しかと今でも思うのだけど。

買い物したり、エステに行ったり、『その他』も十分満喫した中で、やはり一番の思い出はダイビングだ。グアムの日差しは、強い。

もう、殺しにかかってるんじゃないかってくらい、ジリジリウェルダンに焼いてくれる。だからこそ海の中が気持ちよくて、滞在中はホテルからしょっちゅう泳ぎに行っていた。

海はとにかく綺麗だった

海はとにかく綺麗だった。砂浜も白いし魚は極彩色で、しかもごく浅瀬にまで魚が来る。スネくらいの水深で魚が泳いでいるのを見たときは、本当に感動した。

浅瀬には浅瀬の良さがあるが、シュノーケルをつけて潜った時もまた別の良さと、それから驚きが味わえた。確かツアーで申し込んで、ボートでいいダイビングスポットまで連れて行ってもらったのだけど、こんな例え方をしたら情緒もクソもないのだが、なんだか公園などによくいるスズメやハトみたいだと思った。

エサを撒いて、寄ってくるところを観察する。野性味溢れる魚なら、多少の警戒はするのだろうか?全く人に怯える様子もなく手からエサをもぎ取るようすが、逆に怖いくらいだった。

それにしても、長く海に潜っていると酸素不足か、気持ち悪くなるのは私だけだろうか。体質的に、ダイビングには向いてないのかも知れない。

Author

  • 名前:みなみ
  • 性別:女
  • 年齢:26歳

アパレル業界で事務をしながら、声優の専門学校に通っています。 お給料はほとんど学費に消えちゃうけど、それでも夢を追っていたい26歳です! 雑貨やインテリアが好きで、最近おうちに置く場所がなくなってきています。

検索

カテゴリー

△PAGE TOP